株式会社 コスモは、ソフト・ハード・製造の総合力で課題を解決します。

NebulaHopper

Bluetooth Mesh 対応 IoT マルチセンサー

IoT センシングをすぐに始められる手のひらサイズの無線マルチセンサー。
様々なデバイスやWebと簡単につながり、用途や目的に合わせた個別のカスタマイズが可能になりました。

 

主な特徴

マルチホップ通信による広範囲通信が可能

全世界で年間40億デバイスに採用のBluetooth規格採用。

デバイスからデバイスへ中継転送できるため、エンド・ツー・エンドの通信距離が各デバイスの電波領域をはるかに超える事が可能。

既存デバイスとの親和性(PC、スマートフォン、タブレット)

Mesh機能を持っていないBluetooth Low Energyデバイスとも通信可能。

設置が簡単(各種配線不要)

消費電力が少なく、バッテリーによる駆動が可能。ユーザー環境に合わせた柔軟な構築が可能。

グルーピングが可能

Meshネットワーク内にグループを作成して、グループごとに管理運用する事が可能。

 

こんなことができます

家庭やビルの照明制御の場合

各部屋ごとにグループを設定し、各グループに登録されたスイッチで各グループに登録された照明を制御が可能。
ノードの1つをProxyノードに設定し、Bluetooth Meshスタックを持たないBLEデバイスをMesh Networkに接続、制御することが可能。
※現状のアプリケーション仕様ではグループを超えた制御はできません。

工場IoTの場合(低電力化が可能)

フロア内各所にセンサーノードを配備、温度や工程データなどを収集し、取得したデータをブロードキャストします。
BLE到達エリア内にRelayノードを配置、マルチポップ通信にてメッセージを中継、そして集中制御コンソールに全データを集約し、ここで分析。
分析結果にて制御が必要な機器への指令メッセージは、直接またはRelayノード経由で、アクチュエーターノードに伝達。
これにより工場設備のモーターのON/OFF制御やフロアエアコンの温度制御などが可能。

 

主な業務内容

IoT用途BluetoothMesh
センサーユニットの
開発/製造
・BluetoothMesh通信を使う事により、
無線が届きにくい場所でも中継器を設置する事にでセンシングを実現
・バッテリー駆動もサポート
・Bluetooth5.0をサポート。Bluetooth4.2に比べ通信距離が飛躍的に向上
・小ロットの試作対応~量産まで
各種センサー ・温度、湿度、UV、照度、気圧、CO2,VOCのセンサーを既に実装
・これ以外でも必要なセンサーがあれば直ぐに実装し動作させる事が可能
モバイル端末、サーバー連携 ・GATT通信によりMesh上に配置されたセンサーデータを
PC、スマフォ、サーバと送受信可能
・NebuaHopperアプリにて上記センサーデータの確認も可能
・スマフォやサーバから各NebuaHopperデバイスの一括制御
一括にて請負可能 ・ファームウェア、ハードウェアの開発、カスタマイズ、量産だけでなく、
連携してサーバー管理やアプリケーションの開発が可能です。

通信ユニットの技術範囲/使用用途/カスタマイズ

技術範囲 ・通信ユニットについて
技術適合、BluetoothSIG認証未取得
※量産製造により、取得し提供は可能です
使用用途 ・工場の機器の状態管理
・フロアの温度、湿度、照明、空調、二酸化炭素等の一括管理
・スマートフォンからの各種機器の一括制御
カスタマイズ範囲 ・用途にあわせてセンサー等、個別にカスタマイズ
・屋外対応等の筺体対応
・カスタマイズ対応後のBluetoothSIG認証取得も可能

カタログダウンロード

詳細な資料はこちらから

PAGETOP
Copyright © COSMO CO.,LTD. All Rights Reserved.