高速多重化通信ボード制作事例

私たちコスモの仕事は多岐にわたりますが、最新の分野におけるソフトウェアとハードウェア一体型の技術開発は、当社ならではの大きな特長です。

そ の事例の1つとして、宇宙航空研究開発機構(JAXA)様、千代田アドバンスト・ソリューションズ(現・千代田化工建設)様と共同開発した、高速多重化通 信ボード(MUX Board)が挙げられます。これは宇宙ステーション内で実施される各種実験データを受信し、多重化して地上にダウンリンクさせる最先端のテクノロジーで す。

この高速多重化通信ボードは、次世代イーサネット・ハブ/多重化装置(LEHX)に組み込まれ、2011年1月に打ち上げられた宇宙ス テーション補給機「こうのとり2号機」によって宇宙に運ばれました。その後、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」に搭載され、宇宙実験装置における ビッグデータ収集に寄与することができました。

当社はこれからも宇宙ステーションの通信インフラの整備を通し、日本の宇宙開発に貢献していきます。

機能

・実験装置からLANデータ及びFDDI(3ch)入力

・入力データの時分割多重化処理

・NASA ModuleへFDDI(1ch)出力

* FDDI (Fiber-Distributed Data Interface)

特長

・TAXIデータ通信機能

・高信頼化OS実装

・冗長回路(ECC・3重化)によるデータ高信頼化

・高レート時分割多重

・高速UDP・TCP/IP実装

国際宇宙ステーション搭載イメージ

開発責任者から一言

開発にあたっては、様々な技術の厳しい制約条件がありましたが、それらを社内のチームワーク力を結集し、1つ1つ乗り越えて解決していったことは大きな喜びでした。

自分の関わった開発が、日本の宇宙開発に貢献することには大きなロマンを感じ、やりがいのある毎日でした。

ハードウェア事業部 ハード1部 課長

他の先輩社員の声を見る

Contact

お気軽にお問い合わせください